tel

denture入れ歯治療

MENU

denture入れ歯治療について

入れ歯という選択肢

なるべく歯を残そうとする治療を心がけていますが、虫歯や歯周病が進行してしまい、やむを得ず歯を抜かざるを得ない場合があります。
残念ながら、歯を失ってしまうと、治療の方法は、インプラント、ブリッジ、入れ歯の3つしか方法はありません。それぞれに利点欠点はありますが、インプラントやブリッジが不可能な場合、入れ歯治療を選択するしかありません。
一般的に入れ歯とよばれていますが、本来は義歯といいます。インプラントやブリッジとの一番の違いは、自分で取り外しが可能ということです。
義手や義足のように、義歯に慣れるには時間がかかると思いますが、噛むことのリハビリテーションですので、とても重要なことです。

歯がなくなったままにしておくと…

前歯を失ってしまった場合と奥歯を失ってしまった場合とでは、患者様の受け取り方が少し違ってくるように思います。奥歯の場合は、少しくらい歯がなくても、人から見えないし、反対側や他の歯で噛めるし、あまり困っていないという方も多くいらっしゃいますが、前歯の場合は、見た目にも関わってくるため、かなり焦ってしまうと思います。
当然、前歯も奥歯も両方とも大切ですが、困っていないと思っている奥歯は、噛み合わせにとって、とても大切な役割をしています。食事の際に、噛むということは、消化器官の入り口である、お口の重要な役割を果たしています。
よく噛むことによって、消化の際に胃への負担を軽減し、唾液の分泌量が増え、唾液の力を十分に発揮することができます。また、歯がない状態のまま過ごしていますと、歯が移動してしまいます。例えば、下の歯がなくなってしまうと、上の歯が伸びてきてしまいますし、なくなったスペースに、両隣の歯が倒れてきてしまいます。
上下の歯は噛み合わせてはじめてその場所に留まっているため、歯を失ってしまうことによって、噛み合わせが乱れてきてしまいます。噛み合わせの乱れは、虫歯や歯周病のリスクも高くなり、大きく乱れた場合は抜歯せざるを得なくなってしまったり、顎関節にまで悪影響を及ぼす可能性もあります。歯がなくなったままにしておくと、次から次へと歯を失ってしまう原因にもなるのです。

入れ歯の種類

入れ歯と一口に言っても、いろいろな種類があります。今では歯をすべて失う方は少ないため、全部入れ歯になる人はあまりいません。歯を数本失ってしまった場合に治療する方法として、部分入れ歯があります。
どちらも入れ歯である以上、取り外しをする必要があり、食後は外して洗い、寝る前には外してお口の中を休ませてあげる必要があります。
部分入れ歯をお口の中に安定させるためには、残っている歯に金属のバネのようなものでひっかけなければなりません。また、噛んだ時の力を歯ぐきで受けるために、ピンク色のプラスチックに人工の歯がつけてあります。お口の中の状態によっていろいろな形があります。
初めて部分入れ歯を使う方は、慣れるのに時間がかかりますが、噛むことのリハビリテーションですので、何度か調整をしながら、自分の歯のように噛める状態にしていきます。

price料金について

インレー、クラウン、ブリッジは形体、材質により料金・費用は異なります。
価格は全て税込表記となっております。
骨移植、最新インプラント治療(即時インプラント治療など)に関しては、症例により治療費が異なりますので、
直接当院までご相談ください。

初めての方
再診
初めての方
再診